「禅宗画僧の描く癒しのGOKAN展」IN 愛知

『コロナ禍で疲れた心を元気にしてもらおう!』と、宗教文化、とりわけ日本人の生活に身近にある仏教文化に芽吹く「仏教画」の醸し出す『癒し』を皆様にご覧いただき、このコロナ禍に元気をご提供させていただきたいとするものです。 黄檗宗東林院住職の内藤香林禅宗画僧が書き溜めた数々の宗教画を余すことなく展示いたします。展示作品を通じて、この悪禍にちょっと元気をなくしているGOKAN(五感)に癒しをあたえ、心をリフレッシュしていただくイベントになるよう願って開催させていただきます。

  1. 日 時 令和3年 7月8日(木)~7月12日(月)10~17時(最終日15時迄)
  2. 場 所 ギャラリーMenio (メニコンアネックス)  名古屋市中区葵三丁目21番19号 TEL:052-935-0918
  3. 出展者 黄檗宗画僧・檗画院主催 内藤香林 萬福寺塔頭東林院院主(宇治市)、西円寺住職(米原市)
  4. 在廊日 内藤先生在廊日時 令和3年7月10日(土)11:00-16:00 (予定)
  5. 入場料 無料、ギャラリー作品は希望者様に頒布することもできます。
  6. その他 2020年春から続くコロナ禍は社会に大きな混乱とひずみをもたらしました。特に人心への影響は甚大で多くの人がなんらかの負荷を感じておられることと存じます。NPO法人文華舎は令和3年4月に文化の維持・発展を趣旨に設立された法人であり本年5月に滋賀県西教寺さんにて「近江癒しのGOKAN展」として工芸品の展示会を通じて人の心を元気にしてもらおう! と、企画開催したところ、多くの方にご来場をいただき、「癒しになった」と、好評をいただいたの機に、この今こそ、こういうイベントを各地で開催したい。と、メニコンさんのご協力を得ることができまして愛知県開催の運びとなりました。是非ともご来場くださいませ。

コメントする